歎異 抄。 歎異抄とは

歎異抄とは

それを「さとり」といいます。

名著53 「歎異抄」:100分 de 名著

歎異抄16章 原文 信心の行者、自然に腹をも立て、 悪し様なる事をもおかし、同朋同侶にもあいて口論をもしては、必ず廻心すべしということ。 それは 願にほこらるるにあらずや。

11

『歎異抄』第二条

慈悲といっても、聖道仏教と浄土仏教では違いがあります。

18

歎異抄

念仏は、阿弥陀仏に救われて人生の目的を完成した人にとって、 行でもなければ善でもない。 一室の行者の中に信心異なることなからんために、泣く泣く筆を染めてこれを記す。 「浄土真宗 には、今生に本願を信じて、かの土にしてさとりをばひらくとなら ひ候ふぞ」とこそ、故聖人(親鸞)の仰せには候しか。

9

歎異抄の旅⑫[大阪・滋賀編] 聖徳太子の御廟へ

そのゆゑは、わがはからひにて、ひとに念仏を申させ候はば こそ、弟子にても候はめ。

11

歎異抄を読むときおすすめの解説書は?

念仏は地獄へ行く悪い言葉という者があるようだが、そういうことなのか、 それとも20年間教えてきたように、極楽往くたねか、 今さらこの親鸞に、言わせるおつもりか。