軽減 税率 対策 補助 金。 まるわかり軽減税率

軽減税率対策補助金の手続要件変更に伴う、各種ツール類の改訂

併せて、3万円未満のレジを1台のみ導入する場合の補助率を「4分の3以内」から「5分の4以内」に引き上げます。

軽減税率対策補助金とは?補助対象や申請の流れをわかりやすく解説

中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金(以下、軽減税率対策補助金)交付の対象となった固定資産の取得または改良をし、 軽減税率対策補助金の交付(支払い)を受けた場合は、以下のように仕訳します。 軽減税率補助金C型の補助の上限は1事業者につき150万円です(ハードウェアの場合、上限は10万円)。

7

鹿児島県霧島市|軽減税率対策補助金

レジを使用して日頃から飲食料品(酒類は除く)を販売しており、将来にわたり継続的に販売を行う事業者である• その他の電子計算機の法定耐用年数5年、ソフトウェアの法定耐用年数は5年、パーソナルコンピュータの法定耐用年数は4年。 (1) 対象品目の売上がない課税事業者であっても、対象品目の仕入れがある場合は、標準税率(10%)と軽減税率(8%)とを区分して経理を行う必要があります。

17

軽減税率対策補助金の手続要件変更に伴う、各種ツール類の改訂

今般、全国の中小企業・小規模事業者等や、商工会、商工会議所、事業協同組合等の中小企業団体からの要望、政府が行った事業者の準備状況等の「検証」作業の結果 2018年11月公表 等を踏まえ、以下のとおり、同補助金の制度を大幅に拡充しています。 ポイントは「支払い」が含まれている点で、期日が迫ってきた場合には支払いのタイミングに調整が必要となる場合があります。

助成金・補助金を受け取ったときは消費税分の返還が必要になることも

軽減税率の導入に伴い、飲食店の経営者に求められるのが体制づくりです。

16

軽減税率対策補助金の手続要件変更に伴う、各種ツール類の改訂

今や、モバイルPOSレジや、スマートフォンのイヤフォンジャックに差すだけのクレジットカードの決済が出来るツールが登場しています。 さらに、複数税率に対応する「券売機」についても、補助の対象とします。

19