自民党 離党。 自民 白須賀議員が離党 “夜遅くまでラウンジに”

自民党の松本純・元国家公安委員長らが離党届を提出 銀座で飲み歩きホステス同伴か|ニフティニュース

松本元大臣は1月18日、国会が終わると公用車で東京・中央区のイタリアンレストランを訪問。

6

橋本新会長 自民党に離党届を提出

当初、松本氏は党役職の辞任を否定したが、社会的な反響が大きく、同29日に国対代理の辞職に追い込まれた。 松本氏は粉飾決済が行われたとされる15年以降も3度(36万円)にわたってナイス社から献金を受け取っていた。

12

東京・銀座狂いの自民党を離党した3代議士のなれの果ては?:【公式】データ・マックス NETIB

同じく、銀座で深夜まではしご酒をしていた、公明党の遠山清彦前衆院議員は議員辞職を表明。

15

自民党議員の「コロナ特権」 銀座クラブ飲みの離党3人も身分安泰か(2021年2月8日)|BIGLOBEニュース

「文春オンライン」は17日、自民党の白須賀貴樹 衆議院議員が今月10日、東京 麻布の会員制ラウンジを午後10時ごろまで訪れていたなどと報じました。 ある党幹部は「松本氏は、一緒にいた人をかばったんだろう」と沈痛な面持ちで語ったが、結果的に2人は同席を認めた。 政治家としてのけじめをつけたい」と述べ、立候補しない考えを示した。

自民 白須賀議員が離党 “夜遅くまでラウンジに”

緊急事態宣言下で深夜まで東京・銀座のクラブを訪れていたことが発覚したの松本純・前国対委員長代理(衆院・神奈川1区選出)と田野瀬太道・前文部科学副大臣(衆院・奈良3区選出)、大塚高司・前国対副委員長(衆院・大阪8区選出)の3人が1日、自民党を離党した。 同じく深夜の銀座クラブに行った責任を問われた公明党の遠山清彦氏が議員辞職させられたのと比べれば、自民党の処分が大甘なのは明白だ。 結局、頭が腐れば全部腐る」と発信した。

5

自民離党の3人に「議員辞職すべき」の声相次ぐ (2021年2月2日)

「離党した3人はいずれも前回の総選挙では小選挙区で議席を獲得しており、とくに神奈川1区の松本氏の地盤は堅い。 当選回数は7回を数え、麻生太郎・副総理兼財務相(80)の最側近として知られている。 一方で、参議院議員は辞職しない考えを重ねて示しました。