ウェスト ハム。 ウェストハム・ユナイテッドFC 2020

ウェストハム・ユナイテッド ~女子育成システム~

現在のウェストハムは、5バックにしても攻撃時に後ろがかりになりすぎない秘訣もあった。 まずはシステムは固定で、機能していなくても同じフォーメーションや選手配置を続けることが多かったことだろうか。

モイーズは結局、名将? 迷将? “フットボールの天才”はウェストハムをどう指揮しているのか?

だがフィジカルを前面に押し出すウェストハムに同点に追いつかれ、苦労を強いられる。

18

ウェストハム・ユナイテッドFC 2020

07 1974-1989 708 277 176 255 39. 攻撃面の戦術 しかも上手くいっているのは守備だけではない。 まずはシステムは固定で、機能していなくても同じフォーメーションや選手配置を続けることが多かったことだろうか。 【了】. 染み付いた悪しきイメージと実態 さてここで改めて考えたいのが、モイーズは結局、いい監督なのか悪い監督なのかという点だ。

モイーズは結局、名将? 迷将? “フットボールの天才”はウェストハムをどう指揮しているのか?

結果、最前線にアントニオが君臨する限り、5バックの攻撃面での課題が起こりにくいのだ。 加えて昨冬に加入したトマーシュ・ソウチェク存在も大きかった。 結果、最終的に2019年12月に解任される頃には、ウェストハムのチーム状態はバラバラになり、選手のレベルを考えるとありえないケアレスミスも連発する状態になっていた。

ウェストハム・ユナイテッドFC

そこで今季からモイーズは5-4-1をメインに変更することを決断する。 引き続きフットボールの天才の采配には注目していきたい。 対するウェストハムはリーグ戦4試合無敗で、第4節ではレスターに3-0で勝利、その後の2試合ではトッテナムとマンチェスター・Cと対戦し、引き分けている。

一体何が? モイーズ采配が的中!【ウェストハム対アストン・ヴィラ分析コラム】(フットボールチャンネル)

本来は3列目の選手をトップ下で起用する采配は、攻撃面でやや足を引っ張る結果になり、賛否両論あったが守備面での効果は間違いなく大きかった。

15

一体何が? モイーズ采配が的中!【ウェストハム対アストン・ヴィラ分析コラム】(フットボールチャンネル)

(文:内藤秀明) 2020年12月01日 Tue 10時00分配信 text by photo Getty Images Tags: , , , , , , , , 【写真:Getty Images】 さて今季のウェストハムとモイーズを語る上でまず忘れてはならないのが、前任者のマヌエル・ペジェグリーニ時代のサッカーについてだ。 Paypal• からを、から、からはら獲得した。 まず最初に、モイーズは守備の意識を植え付けた。

5

リバプール、サラー&ジョタのゴールでウェストハムに逆転勝利!南野拓実は出番なし プレミアリーグ第7節

初戦のボーンマス戦こそ前から激しく守備を行う傾向があったが、徐々に4-2-3-1のシステムでリトリート気味に守る戦い方を定着させていく。 序盤はミスの連発で流れを掴めずにいたが、徐々に落ち着きを取り戻し、先制点を記録。 引き続きフットボールの天才の采配には注目していきたい。

6