高崎 市立 図書館。 高崎市立図書館 新町図書館

高崎市立図書館

important; padding-left: 15px! 箕郷町企画財政課『広報みさと平成元年8月号』箕郷町企画財政課。

11

静岡市立図書館

図書閲覧規程により図書の閲覧は12歳以上とされていた。

高崎市立図書館

概要 開館時間 ・水曜日~金曜日:午前10時~午後7時 ・土曜日、日曜日、月曜日、祝日:午前10時~午後5時 休館日 ・火曜日 ・館内整理日(月1回) ・特別整理期間(春・秋) ・年末年始(12月28日~翌年1月4日) 所蔵資料 ・図書(一般書・児童書・雑誌・新聞) ・視聴覚(CD・DVD・ビデオ) 所在地・連絡先 ・住所:高崎市新町3126 ・TEL:0274-42-3100 ・FAX:0274-42-8999 ・MAIL: アクセス ・駐車場:長寿センター・教育会館共有30台 ・バス:ぐるりんバス新町線「東コミュニティーセンター前」下車 徒歩10分 ・永井バス新町駅~前橋駅線「上武大学入り口」下車 徒歩2分 ・電車:JR新町駅から徒歩20分 設備・各種コーナー. また、毎月25日にはレコードコンサートも開かれ、市民に親しまれていた。 群馬県図書館協会『群馬県図書館協会30年誌』群馬県図書館協会、1982年、30頁。

高崎市立図書館内の無料Wi

群馬県内で初めて図書館資料にICタグを貼付し、自動貸出機や予約棚と連動させることで利用者の利便性向上が図られた。 2016年(平成28年)に改修工事が行われることとなり、一時建物を閉鎖し10月1日より吉井支所南庁舎において仮開館 、2017年(平成29年)4月22日に再開館した。 新築総経費は27,172円、他に敷地買入費として9,060円を要した。

高崎市立図書館 中央図書館

その後、図書館周辺における建造物建築による風通しや日照の悪化、自動車の騒音など環境の変化により図書館移転が要望されるようになった。 沿革 [ ] 中央図書館 [ ] 私立高崎図書館 1909年(明治42年)7月9日、高崎市教育会の評議会は図書館設立の方針を議決 、15日に教育会長内田信保の名で「私立高崎図書館趣旨書」を発表し、有志の賛同を呼びかけた。 important; margin-bottom: 5px! important; -moz-box-shadow: 0px 3px 0px 0px 008000! 脚注 [ ]• これにより、利用者自身による貸出など以下のような新たなサービスの提供を行っている。

15

静岡市立図書館

ただし、建物の名称は榛名町図書館とされていたが、実態は公民館付属の図書室であった。 important; padding-bottom: 15px! 3坪であった。 高崎市立図書館へ名称変更 1966年(昭和41年) 2月1日 - 高崎市立図書館、高松町1番地に図書館を新築、移転し開館 1980年(昭和55年) 7月17日 - 吉井町立山種記念図書館開館 1984年(昭和59年) 7月7日 - 高崎市立図書館、末広町25番地1に移転、開館 1988年(昭和63年) 6月10日 - 新町立図書館開館 1989年(平成元年) 7月15日 - 箕郷町立図書館開館 1994年(平成6年) 11月4日 - 群馬町立図書館開館 1995年(平成7年) 7月 - 榛名町図書館、榛名町総合文化センター内に開館 2006年(平成18年) 1月23日 - 市町村合併に伴い箕郷・群馬・新町図書館を設置。